歌うのに絶対音感って必要?

 

みなさんも絶対音感というのは聞いたことがあると思います。

 

では相対音感というのは何かご存知ですか?

 

絶対音感 (Perfect Pitch)とは、楽器の音だけに限らず全ての音(雑音まで)を
音階として認識出来る才能のこと。これは絶対音感を獲得する特別な
トレーニングを6歳までにしなければ取得不可能だと言われています。

素晴らしい才能の様に思われますが、普段私たちが生活している際に聞こえる
全てのノイズを音として認識する為、不和音などに対してストレスを感じてしまうなど、
不便な面もあるそうです。

 

それに対し・・・

 

相対音感 (Relative Pitch)とは、6歳児より大きくなっていても
訓練によって誰でも手に入れることができる才能で、聴いた音に対し
ほぼ正確に認識することができます。絶対音感まではいかなくても
かなり近い状態まで近づくことができるということです。

 

それでは歌を歌うのに絶対音感は必要だと思いますか?

 

お分かりだと思います。答えは’いいえ’です。相対音感で十分なんです。o(^▽^)o

 

ではどうすれば相対音感を身につけることができるのか・・・

オーラルトレーニングを行えば身につけることができます ヘ(゚∀゚*)ノ
オーラルと言ってもOral(口)の方ではなくてAural (耳)の方です。

 

ではAural trainingについてはまた後日改めて♪

Leave a Reply