人は自分の好きなことには一生懸命になれる

 

音楽、私にとっては音楽というより歌ですが、小さい頃から変わらず愛してきたものでした。言葉が話せない頃から歌を歌い始めたと母には言われ、恥ずかしがりや(・・。)ゞで人前で話せない私でも人前で歌うことはずっと夢見ていました。
小学校の時には友達と団地の踊り場をステージに歌いあい, 高校の頃に流行り始めたカラオケは、まさに“わたしのもの!”とばかりにひどい時には1日に2回も行くほど通いました。

OLになり、二足のわらじで始めたバイト先で出会った音楽好きの人たちのおかげで洋楽を本格的に学び始めて夢中になった私は、やっぱり洋楽を学ぶのなら英語を話している国で洋楽のリズムを学びたい!と思い、就職難の中折角就職した商社を辞めて渡豪 (;^_^A

オーストラリアで芸術の首都と呼ばれるメルボルンで沢山の音楽仲間に出会い、バンド活動をして、今までありえなかったことが叶いました。

そんな音楽(歌)一筋で育った私ですが、決して音楽一家に囲まれて育った訳ではありません。でも聞いてみると母も歌が好きで小さい頃良く歌っていたとか、祖父が民謡をずっとやっていたとか、すこしは遺伝要素があるようです。そんな私から言えること、それは

 

 

好きこそ物の上手なれ!

 

 

人は自分の好きなことには一生懸命になれる。ヽ(゚◇゚ )ノ

 

 

どんなに駄目だと思っても、努力次第で上手になることができる。
英語や歌が上手になりたいと思うあなた、まず英語を、歌うことを好きになってみませんか?

Leave a Reply