洋楽を歌うことが英語上達につながる理由 ①

 

 

2001年にオーストラリアへやって来たのですが、その頃はまだ
メルボルンにはカラオケが浸透していませんでした。シティに
中国人が経営している、いわゆるカラオケ・ラウンジがあっただけ。

 

それが10年以上たった今では、あちこちにあります

 

週末の夜になると、人気のあるカラオケは予約でいっぱい。
アジア系のお客さんだけでなく、オージーも沢山集まっています。

みんな高校生のように、知ってる歌がかかると誰が入れたとか
関係なく大声で歌っています

決して上手な人ばかりではありませんが、とっても楽んでいます

歌詞は、キャッチーなメロディと一緒に覚えるので、何年経って聴いても
それを聴いていたときの思い出がよみがえって来て、幸せな気分に
なれたり、ちょっぴり切ない気分になったりしますね。

 

そして、
大好きな歌は何年経って聴いても覚えているし、何回聴いても飽きません

 

 

メロディに乗せて歌うことで、自然に歌詞も覚えることができるのです。
これは歌詞が日本語でなくても同じ効果を得られます。

 

つまり
洋楽を歌うことで、その歌詞の中で使われている英語を
自然に覚えられ、また覚えた英語を忘れることがありません

 

忘れない=自分の知識として使うことができる
のです

 

歌詞を通して覚えた新しい表現や英単語を忘れること無く、しかも
自分のボキャブラリーとして使うことができるので、英語の上達も
当然早まるのです。

 

次回カラオケに行かれる際は、是非洋楽も歌ってみてくださいね♪

Leave a Reply