英語を読めなくても話せると何とかなる

 

 

英語を読めなくても、話せると何とかなるんだよという
エピソードをかなり昔、留学前に聞いたことがありました。

 

その時は、

 

読めないのに話せるなんてことあるの??

 

と不思議だったんです 

 

 

あなたはどう思いますか?
読めないのに話せるなんてことあると思いますか?

 

 

そのエピソードとはこんな感じのお話でした。

 

英語を話せるけれど、読んだり書いたりすることができない人がいたそうです。
その人が友達と一緒にレストランに食事に行った時のお話。

 

英語がわからないその人は、当然メニューが読めない・・・

そこでその人はウェイターさんを呼んでこう言ったそうです。

 

Will you advise me your recommendations?
I feel like fish today.

オススメを教えてくれないかしら?
今日はお魚が食べたいの。

と。
そう、メニューが読めなくても、話せたから全く困らずオーダーも
できてしまったんです。

 

もちろんメニューが読めればどんなお料理があるかわかるし、
その中から何が欲しいかなって迷ったり、これ美味しそう・・・って
想像したりする楽しみもありますよね。

 

でもメニューが読めても話せなかったら、満足にオーダーすら
できないってことはありえますよね・・・

 

もちろん、読めて話せれば鬼に金棒なんですけど(笑)
話すためには読めなきゃいけないっていう概念は持つ必要は
ないのかもしれません。

 

先日のブログ、音を大事にする欧米人 vs 意味を大切にする日本人
ご紹介したことからも言えるのですが、意味を大切にし、文字から学ぶ
日本人の私たちは、どうしても知らない単語を聞くと、

 

それって、どういうスペル?

 

って聞いていると思うんです。
スペルから単語を覚えようとするんですね・・・

 

でも欧米人は違います。

 

日本語を勉強している欧米人が知らない単語を聞くと

その単語の意味を聞いてそのまま音で覚えちゃうんですよね。

 

あ、なんかこの単語と発音が似てるとか、こういう感じ~という
音の感覚で覚えています。

 

だから読めなくても話せるし、会話力を身につけるのがものすごく早いんですよね 

Leave a Reply