英語にはアウンの呼吸は通じない

 

 

先日は、音を大事にする欧米人 vs 意味を大切にする日本人から
日本語と英語の違いをご紹介しました。今日はその第2弾をお送りしま~す 

 

日本語にはアウンの呼吸というのがありますね。

 

「言わなくても分かるでしょう」という文化背景のもと、
主語をあえて言わなくても文章が成り立ってしまうのです。また、
文章の中でも目的語を言わなかったり、内容を「ほら、あれ」という感じで
濁してしまっても、相手に伝えたいことは伝わりますよね 

 

 

でも英語にはその「言わなくても分かるでしょう」という
アウンの呼吸はありません

 

 

元々、英語はラテン語を元に作られた新言語で、様々な国で
色んな文化背景のある人々によって使われ始めた言語です。

 

文化も常識も異なる国々の人たちがコミュニケーションを図るには
とにかく何もかもを明確にしないとコミュニケーション自体が
成り立たなくなってしまうのです・・・

 

ですから英語では

主語は必ず文章に含めないといけないですし、
目的語も使う動詞によっては必ず含めないといけなかったり、
いわゆる「ほら、あれ」というのは通用しないのです・・・

 

 

そう考えると、英語を話す時に日本語からそのまま訳して話そうとすると
通じないことがでてくるのは、お分かりですね。

 

英語を話す時には、日本語を話すときと同じ感覚で話してはダメ
アウンの呼吸は通じないことを覚えていて下さいね 

Leave a Reply