洋楽を歌うことが英語上達になる理由 ④

 

 

洋楽を歌うことが英語上達になる理由を過去3回にわたって
お伝えして
いますが、今回はその第4弾です 


過去3回のブログはこちらからどうぞ

洋楽を歌うことが英語上達につながる理由 ①
洋楽を歌うことが英語上達につながる理由 ②
洋楽を歌うことが英語上達につながる理由 ③ 

 

英語習得に必要なこととして、アウトプットや音読が大切だと
よく言われていますね。

 

いくら沢山洋書を読んだり、英語のCDを聞いて勉強しても、
それを生かして実際に話したり書いたりしないと、

 

 

自分のモノとしての知識

 

 

にならないからなんです・・・

一生懸命勉強しているのに、もったいないですよね!

 

でも、英語のCDを聞いて、’はい繰り返して’と言われても
イマイチ上手に繰り返せない、もしくは人がいる前では
恥ずかしくてできない・・・なんてことありますよね

 

とくに学生の時には英語の朗読をわざと日本語発音で読んだり
していた人、いるんと思うんです。冷やかされるのが恥ずかしくて・・・

 

私もそうでした・・・
中学の頃からNHKのラジオ基礎英語を毎日欠かさず聞いていて
部屋ではなるべくネイティブ発音に近づくように練習していたのですが、
学校での音読はみんなに合わせて日本語発音・・・



これでは折角の音読も無駄になるどころか、かえってマイナス効果です

 

その点、洋楽の歌を歌う場合は、原曲がネイティブ発音なので
そのまま真似をすることができます。更にネイティブに近い発音で
歌えれば、冷やかされるのではなく、カッコ良い

羨ましがられるくらいです 

 

そして何より、
歌から真似る力が努力せずに身に付きます

 

 

英語の発音を練習するには、やはり聴いた発音を真似るという
力が必要になってくるのですが、歌は真似ようと努力しなくても
簡単にできてしまうのです!

 

どうしてかと言うと・・・

 

きちんと医学的には説明できませんが通常言語などは左脳で
覚えますが、音楽は左脳ではなく右脳で処理されるから。

 

メロディとリズムに乗せられて感性で聴く音楽を通して
英語を聴くことで、
普段「真似よう」と努力していることが
良い意味で「無」の状態で行うことができる
のです。

 

音楽の「努力しなくても真似られる」力を利用すれば、
洋楽を歌うことで、自然に発音も日本語発音から脱出できますよ♪

Leave a Reply