Dictationで英語が上達しないワケ

 

 

英語の勉強法として、ディクテーションというのがありますね。


Dictationとは、聴いた英語を書き出すことによって、どれだけ
英語が聞き取れているかを看る方法。



あなたは、このDictationで、英語が上達すると思いますか?

 

答えは・・・Noです

 

 

日本でも有効な勉強法として言われていますし、
オーストラリアの語学学校のクラスで私自身もやったことがあります。

でもこのDictation、私はナンセンスな勉強法だと思うのです。

 

なぜなら・・・

まず楽しくない

 

 

このブログで何度も書いていますが、

楽しくない勉強法は長続きしません 


学校などのクラスでカリキュラムとして組まれ、強制的に
されない限り、なかなかやらない勉強法です。

 

そして使われる課題は、だいたいがニュースのようにネイティブスピードで
話されているメディア。はっきり言って

 

聴き取れたとしても一字一句書くのは不可能

だからです。

 

 

日本語で普通にニュースを聞いた場合、理解はしているけど
一字一句アナウンサーが何を話したか書きなさい、もしくは
繰り返して言いなさいといわれて、すぐにできる人がどのくらいいるでしょうか?

 

それが英語であればなおさらです。

 

英語を聴いて理解できることと、ディクテーションが
できることはイコールではない
と言うことです。日本語で
ニュースを見ている時と同じように、英語でニュースを見て
理解できても、アナウンサーが一字一句なんて話していたかを
説明する必要はないですし、誰もそんな風に話を聞いていないはずなんです。

 

だから、頑張ってディクテーションをする必要はないですよ(笑)

 

ディクテーションからリスニング力をあげなくても、
他にも方法がありますから、安心して下さいね 

Leave a Reply