Selena Gomezがオーストラリアツアーをキャンセルした言い訳 ①

 

 

前回に引き続き、海外メディアから学ぶネイティブ英語として、
Selena Gomezがオーストラリアツアーをキャンセルした言い訳をご紹介します



まずはキャンセルの言い訳を読んでみて下さい 

Last year the former Disney star and former Bieber squeeze announced her first Australian arena tour. She then cancelled it two months before it was due to start to have some “me time.”

去年、かつてDisneyのスターで、Justin Beiberの元彼女が初のオーストラリアのアリーナツアーを発表。そして、ツアーが始まる2か月前に「自分の時間が欲しい」といってキャンセルした。

 

In one of the most bizarre reasons for axing a tour Gomez, 21, said “My fans are so important to me and I would never want to disappoint them. But it has become clear to me and those close to me that after many years of putting my work first, I need to spend some time on myself in order to be the best person I can be. To my fans, I sincerely apologise and I hope you guys know how much each and every one of you mean to me.”

ツアーを中止する理由でかなり信じられない理由を挙げた21歳のGomezは、「ファンは私にとってとっても大切で、絶対にガッカリさせたくないの。でも長年仕事を第一としてやって来た中で分かったの。自分がベストな状態でいるためには自分の時間を過ごすことが必要だって。ファンの皆さんには、心から申し訳なく思っているし、皆さん一人ひとりが私にとってとても大切な存在だということを分かっていて欲しいです。」と述べた。

 

Her idea of putting herself first was being pictured riding scooters with douchebag ex Justin Bieber, just before he was arrested and his urinating in a cup at a police station was put online for the world to cringe at. And there was a two week stint in rehab in January, not for substance abuse, according to her reps.

彼女の言う自分を第一にするっていうのは、元カレのJustin Bieberとスクーターに乗っているところを写真に撮られるってこと。そう、Justinが逮捕されて警察署でコップに小用を足した所がオンラインで流れて世界中が引いた事件の少し前にね。そして1月には2週間のリハビリセンター入り、彼女の事務所によると薬物乱用じゃないみたいだけど。

 

Last month Gomez said she got quality time to focus in rehab. “I’m surrounded by people who are supposed to guide me and some of them have and others haven’t,” Gomez said. “They pressure me -‘You gotta be sexy, you gotta be cute, you gotta be nice, you gotta be all these things.’ Until recently I had given into that pressure, I lost sight of who I was. I listened to opinions of people and I tried to change who I am because I thought others would accept me for it. And I realised I don’t know how to be anything but myself.”

先月、Gomezはリハビリセンターで充実した時間を過ごせたと話した。「本来なら私を先導するべき人たちに囲まれているけど、みんながそうしてくれたわけじゃなかったの。セクシーじゃないとダメだとか、かわいくしろとか、良い感じにしないととか色々こうしろって言ってプレッシャーをかけてくるの。最近までそのプレッシャーを受け止めて来たら、自分が誰だか見失ってしまったわ。人の意見を聞いて自分を変えようと努力してきたの。そうしたら私を受け入れてくれるんじゃないかと思っていたから。でも自分以外の誰かになんてなれないって気づいたの」と。

 

次回からは、この文章から使える英語をご紹介しますね 

Leave a Reply