Avril LavigneのHush Hushから学ぶ英語

 

 

Avril LavigneがブラジルのBelo Horizonteで行われるコンサートで
歌って欲しいリクエスト曲をTwitterで集めたところ、


Hush Hush
When You’re Gone
Hello Heartache
Falling Fast and Nobody’s Home


の4曲のリクエストが多かったそう 



今日はその中からHush Hushの歌詞から学ぶ英語をご紹介しま~す

 
I didn’t mean to kiss you
You didn’t mean to fall in love
I never meant to hurt you
We never meant for it to mean this much

あなたにキスなんてするつもりじゃなかった
あなただって恋に落ちるつもりなんてなかった
あなたを傷つけるつもりなんてなかった
こんなにも大切なモノになるなんて思わなかったわね
Hush, hush now

静かに、黙って
I wanted to keep you
Forever next to me
You know that I still do
And all I wanted was to believe

あなたがずっと側にいてくれたらよかったのに
まだ私がそう思っていること知ってるよね
私が欲しかったのは信じることだけだったの
Hush, hush now

静かに、黙って
So go on, live your life
So go on, say good-bye
So many questions but I don’t ask why
 
So this time I won’t even try
Hush, hush now
Mmm hush, hush now
 
だから行って、あなたの人生を生きて
さあ言って、さよならって言って
沢山聞きたいことはあるけど、どうしてって言わないから
今回は修復しようなんてしないから
静かに、黙って
静かに、黙って

この中から今日は最初のパラグラフにかなりでてきたmeanをご紹介します。

 

meanは一般的には意味すると訳されることが多いですね。

What do you mean by that?
What does ‘○○’ mean?

という風に、その意味って何?って聞きたい時に使われますが、それ以外にもとってもよく使う動詞なんです

 

 

なんと今回の歌詞の第1パラグラフの全ての文に使われていますよね!

I didn’t mean to kiss you
You didn’t mean to fall in love
I never meant to hurt you
We never meant for it to mean this much

 

ここで使われているmeanは「意味する」という意味ではなくて、

~するつもりである、~を意図する

と言った意味です。

 

 

過去形になっていることから、そういうつもりじゃなかったんだけど~と
予想外の展開になっていることを表していますね 

 

ちょっとしたいたずらをしたつもりが、予想外に悪い展開に
なってしまったときは・・・

 

 

I didn’t mean it!
そんなつもりじゃなかったの

 

と言えます。

meanのあとは名詞か、to + 動詞と続くことが多いです。

 

この歌詞ではWe never meant for it to mean this much
という形でもでてきていますね。

 

これはit がto 以下のmean this muchの主語になっているんですね。

 

この場合のit はour relationship(私たちの関係)といったところでしょう。なので、

 

Our relationship means this much
私たちの関係がこんなにも意味があるものなんて~
といった感じです。

 

 

このmean, 歌詞でかなり頻繁に使われています

 

例えば、Miley CyrusのWrecking Ballsの中でも

I never meant to start a war.

とでてきていましたね。

 

その他、一緒になる運命なのよ~と言いたい時に

We’re meant to be 

なんて使えます