同じことを何度も繰り返すと幼稚なイメージになる英語

 

 

前々回よりご紹介している、レオナルド・ディカプリオの最新購入物件のお話。
今日もその中から、セレブニュースから学べるネイティブ英語 として、使える英語をご紹介します♪

 

まだ本文を読んでいない方は、こちらから先に読んでみて下さいね!

 

この本文からネイティブ英語の感覚を感じとれましたでしょうか?


(レオナルド・ディカプリオが最近購入したアパート)

え? なんのこと?って? 

 

実は
英語では同じことを話す時に、違う単語を使って表現することが多いんです。

 

例えば、文章がLeonardo DiCapiroで始まったのに対して、次の文章では’The Wolf of Wall Street’ actorと表現されているんですね。

 

またa two bedroom, 2 1/2 bathroom apartment と2番目の文章で表現していたのを、最後の文章では、the posh pad という表現が使われていました。(padには自分の住んでいる処、寝室という意味もあるんです)

 

どちらも同じことを差しているのですが、同じ表現を使わず、わざわざ違う言い回しが使われています。こうすることによって、文章に変化を持たせているんですね。

 

 

同じことを何度も言う=幼稚というイメージをもたれる言語でもあるので、文章を書かれる際は、異なる表現を使って少し変化を付けてみられることをオススメします 

Leave a Reply