「隣の芝生は青い」ことが証明された海外記事

 

 

隣の芝生は青い (The grass is always greener on the other side of the fence)とよく言われますが、今日はそんな典型的な例を海外の記事で見つけたのでご紹介しますね

 

 

日本を含めて、外国人風に見えるファッションがアジアでは人気ですが、その反対の例がこちら。何と、外国人がアジア人に見られるように整形手術をしたという話題です

 

 

今日は本文とその対訳をご紹介します!

In a complete reversal of typical plastic surgeries involving Koreans, this time, a Brazilian man of European descent went under the knife and got plastic surgery to look like a Korean guy. Everybody wants to look like anybody but themselves!

韓国人の関与する典型的な整形手術の完全な対比として、今回はヨーロッパ系ブラジル人が手術を受け、韓国人に見えるよう整形したという。みんな自分とは違う誰かになりたいようだ。

 

According to The Korea Herald, the 25-year-old Brazilian underwent 10 surgical operations to transform his look into that of an Asian person. He also dyed his hair (it used to be blond), wears color contacts (they used to be blue) and goes by the name Xiahn (he didn’t release his original name). Whatever works, I guess.

Korea Herald誌によると、25歳のブラジル人男性は整形手術を10回行ってアジア人に見えるよう変身したという。さらに(元はブロンドだったが)髪を染 め、(元は青い目だったが)カラーコンタクトをつけ、(本名は明かさないものの)Xiahnという名で通しているという。何でもそれで通れば良いのかもし れない。

 

Xiahn apparently spent time in Korea as an exchange student and caught the plastic surgery craze during his time there. 

Xiahnは交換留学生として韓国で過ごし、その滞在中に整形手術ブームに乗ったようだ。

 

 

全文記事に興味のある方はこちらからどうぞ。
次回はこの記事から使える英語、そしてブラジル人の変身ぶりをお伝えします

Leave a Reply