毎日の積み重ねの恐さ

学生時代の友人と久しぶりに会った旦那さま。彼女はマレーシア人で仕事もIT業界でバリバリしているような人。

 

色んな話が弾んだのではと思ったら、どうやらショックなニュースを聞くことになったそう・・・

 

IT関係の仕事でずっとデスクワーク、その上家でもオンラインゲームなどにハマっていた彼女。全然太っていないし、スキーが趣味で時折スキーにも出かけていたと言うのに・・・

 

ナント30代半ばで背中を痛め、両足も麻痺しているというのです

 

 

今は仕事を休んで療養中のようですが、ひどい日には歩けないらしく、タクシー通勤をしていたそう。痛み止めは毎日のように飲んでいるとか・・・

 

何か事故にあったとかそういうわけでもないのに、

 

30代半ばで、歩けないなんて!!!

 

かなりショックでした・・・

 

 

それと同時に、毎日の積み重ねの恐ろしさ・偉大さを身にしみて感じてしまいました。

 

一日中デスクワーク、家でもパソコン・・・そういう生活を送っている人って、今の世の中珍しくないと思うんですよね(私も人のこと言えないかも~

 

でもそれをなーんとなく続けていたら、信じられないような状態になるんだということを、思い知らされるエピソードでした。彼女は、もうあと数年したら大好きなスキーもできなくなるかもしれないから、今のうちにしておくと言っていたそう・・・悲しすぎる・・・何とか努力して治して欲しい

 

そんな風に私が強く願っても仕方ないんだろうけど。

 

毎日の積み重ねで体に変化が現れるように、日々の行動で良い意味でも、悪い意味でも、将来に大きな影響を与えるということなんだと思います。

 

どうせなら、良いことを積み上げたいですよね

 

語学の勉強も、週に数回じゃなくて、少しずつでも良いから毎日することを積み上げていくことで、一年後・二年後に大きく成果がでて来ると思いますよ