ネイティブ感覚の英語習得が大切なワケ

英語を勉強されている方のお話を聞くと、どうしても本屋さんで語学書を買ったり、

英検やTOEIC用の参考書を使って勉強されている方が多いですね。

 

 

特に英検やTOEICの点数にこだわっている方がとっても多いです

 

でも残念ながら

 

英検やTOEICで良い結果が出ても、決してネイティブに伝わる自然な英語は

身につかないし、話せるようにはなりません・・・

 

 

確かに外資系の会社に就職したいなど、就職するにはTOEICの点数で

振り分けられてしまうので、それを目的としてTOEICを受けられるのは

良いと思うのですが、

 

英語を話せるようになりたい場合は、遠回りになってしまいます

 

例えば、TOEICの点数も高いしと、翻訳をしている方がいらっしゃいました。

その方は英語の習得法を日本語と英語でウェブサイトに紹介されていました。

 

英語の習得法を知ることができるだけでなく、それを日本語と英語で

読めることで、更に役立つ情報になっていました。とっても良い案だなあ♪と

思い、英文を読ませていただくことにしたんです。

 

 

すると・・・

何を書いているのかさっぱり分からなかったんです・・・

どうしてだと思いますか?

 

もちろん翻訳家として活躍されている方なので、文法の間違いはありませんでした。

 

でも・・・

ネイティブが使わない言い回しが沢山使われていたんです!

 

 

ものすごく堅苦しくて、不自然な言い回しの連続・・・
一体何を書いているのか分からず、日本語を読んで理解したほどです

 

こんなに不自然な英語を書く方が翻訳家をされていていいの?とちょっと

ビックリしました以前にも翻訳会社に頼んだ文章のチェックをしてくれと

いただいた英文の意味がさっぱり分からず、日本語の原文から翻訳を全て

やり直したことがあります

 

もちろん優秀な翻訳家さんも沢山いらっしゃいます。でも、英検やTOEICで

良い点数を取ったから伝わる英語が話せる、書けるというワケではないんですね。

 

伝わる英語を話したい方は、ネイティブが使っている言い回しから身につける

ことをおススメします