洋楽を歌って英語らしく聞こえないワケ

昨日はカラオケで洋楽を歌うと
ついついカタカナ表示で歌ってしまい
英語らしく聞こえない

というお話でしたね。
まだ読まれていない方はこちらから
読んでみて下さいね。

 

カタカナ表示を読んではダメだと
分かっているけど

出てきたら思わず読んじゃうし
英語で読むと追いつかないから
ついていけないんだよね・・・

そんな風に思っているかもしれませんね。

 

でも実はカタカナ表示を読まないと
(もしくは読んでも)
自分は置いていかれると感じるのは

英語を読むのが遅いから
(カタカナを読むのが遅いから)
ではないのです。

 

ただあなたが
洋楽と邦楽の違いを
知らないだけなのです。

 

洋楽と邦楽はただ、
歌われている言語が違う・・・

だけではありません。

 

そもそも「リズム」が違うのです。

 

演歌歌手がポップスやロックを
歌っても演歌調が抜けずに
変に聞こえることがありますね。

それと同じなのです。

 

邦楽を歌う時と同じリズムで
洋楽を歌うと

どうしても英語らしくならず
カッコ良く歌えていると

自分で思えないのですね。

ではどうすれば良いのでしょう?

 

続きは、次回に・・・

楽しくカッコ良く英語に触れられるオンラインセミナーの
詳細をあさって発表します。

 

4月22日(水)に行われる
オンラインセミナー

その名も

『英語でカッコ良く歌いたいあなたへ
リズムをつかんで洋楽マスター入門講座』

お楽しみに♪

 

洋楽を意味も分かって歌いたい!という方は
下記の無料講座を購読してみて下さい。
好きな洋楽を1日1曲聴くだけで

自然な英語が身につく10日間講座

無料メール購読へのお申し込みは→こちら