「何にも思いつかない」って英語で?

オンライン英会話が今たくさんあって流行っていますね。

外国人と話す練習をするという意味では、
外国人講師でも良いと思うのですが、
日本人講師だから良いこともたくさんあります。

例えば、言いたいことがあって、
どういったら良いのか分からない場合・・・
これってどういえば良いんでしょう?

と直接聞くことができます。

同じ文章でも状況に応じて言い方が違ったり
することもあるので、会話をしている正にその時に、

「この状況ではどう言えばいいのか」
ということを知ることができるんですね。

例えば先日レッスンをしていた時のエピソードです。

急に振った話題で、何か案を出そうと考えておられた生徒さん。
そして・・・

あ~、何も思いつかないです
でもそれを英語でなんて言えば良いんでしょう?
とおっしゃいました。

あなたなら、英語でなんて言いますか?

答えを見る前に少し考えてみてくださいね

正解は・・・

I can’t think of anything.
There is nothing I can think of.

think の後に of が付くんですね。

もしof が付かなかったら・・・

何にも考えられない!!

という困惑した状態、もしくは頭が働いていない状態
になってしまいます。通じないことはないのですが、
ニュアンスが変わってしまいます。

レッスンではこういう

微妙なニュアンスの違い

もお伝えしています。