英語は連想ゲーム♪

レッスンをしていく中で、生徒さんが
英文を作る時によくされているのが・・・
 

日本語をそのまま英語に訳す

ということ。
 
日本語と英語は文法の考え方も、
使っている人の文化も全く違います。
 
基礎となっているものが違うのに、
同じ考え方で通そうとすると、
訳されたコトバはとっても不自然で通じにくいもの
になってしまうんです。
 
例えば、犬の家を造っていたとしましょう。
とりあえずでいいからと、犬のサイズも気にせずに
作るとどうなるでしょう?
 
シェパードには小さすぎる家かもしれませんし、
チワワなのに大きい家を造ると場所ばっかりとって
邪魔に感じるかもしれませんね。
 
どこに置くことを想定して、どんな犬に作るのかという
基礎となる情報を知らないと、喜ばれる家は作れませんよね。
英語を作る時も、実は同じなんです。
 
日本語からそのまま訳すのではなくて、
本当は何を伝えたいのか、という基となる
情報・イメージから英語を作った方が伝わりやすいんです。

 

英語は連想ゲームのように作る

と覚えておいて下さいね。