英語の標準語って?

時々、レッスンをしているときに
生徒さんに訊かれる質問なのですが、
あなたもこんなふうに思ったことはありますか?

英語の標準語ってどこの英語??

日本語には一応「標準語」があって、
それ以外の地方の人の話すコトバは、
「訛っている」と言いますよね。

その標準語に値するのはどこの英語??
という疑問ですね。

あなたは、どう思われますか?

正解は・・・

英語に標準語はありません。

 

なぜなら、英語はラテン語を基に、沢山の言語から作られ、
元々色んな国で話される「共通語」として発展した言語だからです。

日本で英語を勉強している方は、英語といえば
アメリカだと思われている方がとっても多いですね。

でも、アメリカ英語と一言で言っても、
ニューヨーク・ロサンゼルス・テキサス・ボストン・
シカゴ・ハワイなどなど、それぞれで話されている
アクセントは全く違うんです。

その違いをあなたは分かりますか?

じゃあ、本場のイギリス英語は・・・と言うと
イギリスでも場所やその人のクラスで
アクセントが全く異なってきます。

ということはどういうことなのでしょう?

そう、英語は相手に伝われば、それで良いんです!

訛っていても、伝われば良い

ちなみにオーストラリアの英語は・・・

ものすごく訛っているように思われますが、
それは田舎やクラスの低い人の話す英語で、
都会のシドニーやメルボルンの人が話す英語は、よく言われる

Good dai, mate!

ではありません。

 

Nicole Kidman
Keith Urban
Hugh Jackman
Miranda Kerr
そして引き寄せで有名なRhonda Byrne

などなど、
世界で活躍するオーストラリア人は沢山いますし、
彼らの誰一人として、オーストラリア人の英語は
訛っているなんて馬鹿にされたコトはないんですよね。

むしろ、オーストラリア英語はハリウッドで
大ウケで、アメリカ人までオーストラリアの
アクセントでオーディションに臨んでいるといわれているくらいです。