ネイティブでも間違える!記事に載った間違った英語を解説♪

さて前回の続きで、ネイティブでも間違えることがあるというお話です。

行方不明のマレーシア航空MH370便捜索の現況を
述べるために、オーストラリアの交通安全省(ATSB)が
発表した報告文の中のこの一文。

 

The complexities surrounding the search cannot be understated…

この中に、とんでもない間違いがあると言うことでした。

 

何が間違っているのか分かりましたでしょうか?

ヒントを差し上げた通り、cannot be understated
が間違っているんですね。

 

この文章、「捜索に関する複雑な状況は語りきれない」
という意味で使われたのですが、この文章だと
全く反対の意味になってしまうんです。

どう言うことかというと・・・

 

understate の意味は、state 「述べる」ことを
充分にしていない、つまり「過小発言をする」という意味ですね。

なので、この文章は
「(これ以上)過小に発言することができない」
という意味になり、捜索に関する複雑な状況なんてないと
言っていることになるんですね。

では、本当はどう言うべきだったのでしょう?

 

understate の反対の意味「過大発言をする」
という意味になる、overstate を使って・・・

The complexities surrounding the search cannot be overstated….

捜索に関する複雑な状況は語りきれない(どれだけ過大発言しても足りない)

が正しい英語になるのです。

 

どうですか?あなたの予想は合っていましたでしょうか?