「朝のジョギングはあり得ない」場所って?

オーストラリアの自然世界遺産の1つである
フレーザー島で起こった事故が、報道されていました。

フレーザー島は砂でできた世界で一番大きな島で
植物も建物も全て砂の上。広い砂浜ビーチに生い茂る森
山の中にある淡水湖と、とっても美しい島なんですね。

 

そんな美しい島で、事件は起こりました。

フレーザー島に宿泊していたある旅行者が
朝にビーチ沿いをジョギングしていたそうです。

そうしたら、ディンゴと呼ばれる野生の動物に襲われ
足を食いちぎられたとか・・・

 

ディンゴはオオカミと犬の間のような動物で
見た目は柴犬を頼もしくした感じ。
オーストラリアでは珍しい肉食のほ乳類の一種です。

犬のような見かけから、思わずかわいいと思ってしまいますが
野生の肉食動物です。テリトリーに入れば襲われる可能性は
十分にありえるのです。

 

ローカルの間では、「朝のジョギングはあり得ない」ことが
常識なのですが、その旅行者は知らなかったのでしょう。
前回にも同じくらいの時間にジョギングをしていた旅行者が
襲われたことがあるそうです。

 

場所や国が違えば、自国の常識が常識ではなくなります。

自分の持つ常識を「絶対」的に捉えないことが大切なんですね。

 

そうすることが、最終的には自分の身を守ることにもつながるし、
真のグローバル化にもつながるのでは・・・と私は思います。

海外生活から気づいた経験から、あなたの常識にをもたらす
ヒントをメルマガでご紹介しています。

是非こちらから登録してみてくださいね♪