テイラースウィフトがSpotifyから全アルバム削除

 

日本でも話題になっているTaylor Swift。

新しくリリースされたアルバム1989(ちなみにアルバムタイトルは彼女の生まれた年)の発売に先駆けて、ストリーミングでは最大手のSpotifyから、完全撤退したんです

残っているのはHunger Gamesのサウンドトラックに含まれているSafe & Soundという曲のみとか(ライセンス契約の都合上だそう)。

音楽が無料で配信されることで受けるアーティストへの打撃に終止符を打つためにも、今や女性シンガーではダントツの影響力をもつTaylorが勇気を出して起こした大きな第一歩。この彼女の動きに、音楽業界は大きく揺れています

スーパースターのTaylor Swiftのカタログを失ったSpotifyはすぐさまウェブ上で彼女に「戻ってきてくれるのを待ってるよ~」とラブコールを送るほど必死な様子。

新アルバム1989は発売して一週間以内に130万枚近い売上げをあげると言われ、こんな快挙は2002年以来と報じられています(女性シンガーとしては史上最高の売上高という噂も・・・)

そんな快進撃を受けて、2002年といったら私は12歳だったわと、Taylorは当時の写真をInstagram に投稿

彼女のアーティストに対する思いは、今回に始まらず、以前からもコメントが公表されていました。今回の大きな行動で、世界中の音楽ファンに少しでも伝われば良いなあと願っています。

最後に、Taylor Swiftのコメントをご紹介しますね。

“It’s my opinion that music should not be free, and my prediction is that individual artists and their labels will someday decide what an album’s price point is. I hope they don’t underestimate themselves or undervalue their art.”

音楽は無料であるべきじゃないと思うし、いつか各アーティスト自身やレコード会社がアルバムの値段を決めるようになると思うの。アーティスト達が自分達を卑下したり、自分たちの芸術を過小評価しないことを願っているわ。

Facebookのページを開設しています

ブログとはまた違う海外情報などを掲載していこうと思っていますので、よかったらLikeしてみて下さいね♪