多読・多聴は英語独学に本当に役立つの?

 

洋楽から自然な英語が身につくレッスン をしています

歌う♪英語コーチですでもただの英語レッスンは行っていません

英語をレッスン以外でいかに効率的に学べるか、楽しくできる独学の勉強方法やヒントもお伝えしています

なぜなら50分のマンツーマンレッスンだけでは、英語は上達しないからなんですね・・・

ピアノなどの楽器を習っても、レッスンの時にしかピアノを弾かなかったら上達しないのと同じです。レッスンでは、新しい知識や上達するコツを知る場所なんですよね。

それを復習したり、自分のものにするためには、レッスン時間以外でどれだけ自分で練習できるかにかかってきますね。

先日レッスンをした生徒さんから、こんな質問をいただきました

同じ音源を沢山聴いた方が良いの?
それとも違う音楽を沢山聴いた方が良いの?

よく語学力を上げるには多読・多聴と言われていますね。中にはとにかく聴けば良いの!と謳っている所も・・・

それを鵜呑みにして、多読・多聴をされている方には申し訳ないですが、いくら聴いても、分からないものは分かりません・・・ 私がそうでしたから、声を大にして言えます (自慢でも何でもないですが・・・

それよりも同じ音源を何度も聴いて聴いて、聴き倒すくらい聴いた方がよっぽど効果があるんです。

もちろん、ある程度の知識をお持ちで、一回聴いただけで80-90%は分かるという方でしたら、どんどん多読・多聴をして色んな本や音源に触れた方が良いでしょう。

でも多読・多聴がみんなに役立つワケではないんですね・・・

そんなあなたにあった独学方法もレッスンの中ではお伝えしています。

一回限り、もしくは割引のある5回まとめ買いもあります。
詳細はこちらからどうぞ。