活きた英語を身に付けるのに大切なものとは?

 

不景気に突入したといわれる日本に対し、オーストラリアでは、まだ不動産ブームが続いています。メルボルンの平均住宅金額はナント$727,000 (約7,200万円)にまで上りました!

ちょっと普通の家を買おうと思ったら簡単に1億円を超えるという、恐ろしい相場です。

賃貸や売りに出されている物件の前には、よく看板が出されているのですが、賃貸されたり売られたりすると、下の写真のようにステッカーが貼られます。

近所で見つけた看板を写真で撮ってみました。そのステッカーも、普通に賃貸済みとか、売却済といった普通のものから、志向を凝らしたユニークなものまであります。

o0300040013147977833

o0300040013147977832

最初のステッカーの I’m leased!は「私は賃貸されたわ!」と物件の身になって書かれていますね(笑)

では、2番目のステッカーはどうでしょう?

cayzerなんて単語知らないわと、辞書を調べないで下さいね!

このCayzerは、実は不動産屋さんの名前です。

当社が売りました!ということを宣伝する意味も含めて、名前を動詞化してCayzeredになっているんですね。

こんな風に英語では、人の名前や名詞を動詞化して使うことがよくあります。

日本語も時代によって流行語があって変わっていくように、英語も変わっていったり新しいコトバが生まれたりするんですね。

ネイティブが自然に使う造語の意味をつかめるようになれれば、より活きた会話を楽しめますよ♪

こんなふうにメルマガでは英語だけに限らず、海外生活で感じたことや、ネイティブの考え方もお伝えしています。

やっぱり折角英語を勉強するのでしたら、英語を習得した後の世界の大きさも感じて欲しい、あなたの視野も一緒に広げて欲しいと願っているからです。

ぜひメルマガに登録して、あなたの視野を広げてみて下さいね♪

 

 

Facebookのページを作りました。よかったらLikeして下さると嬉しいです♪