海外の選挙ってどんな感じ?

 

オーストラリア在住の私は、選挙の際は在外選挙を行います。

日本での選挙と違い、在外選挙は投票者の票を一票ずつ戸籍のあるお役所へ送るので、早く行われるだけでなく、投票の際の手続きも増えるんです。

ところで、この下の用紙、何だと思いますか?

 o0691042713157430317

実はオーストラリアの投票用紙(見本)です。
日本の投票用紙と全然違いますよね!

しかも違うのは投票用紙だけでなく、投票の仕方も当選者の選別方法も全く異なるんです。

投票の仕方は、2通りあります。1つ目は投票したい政党に「1」と記入するやり方です。上の用紙の上部がその例ですね。日本の比例代表に似た形です。

2つ目は用紙の下部を使った方法です。ナント、ここには候補者の名前がズラーッと書いてあります。

でも、投票したい人を1人選ぶのではなく、候補者全員に優先順位をつけて投票しないといけないんです!

正に見本にある通り、58人候補者がいたとすると、1から58番まで全て順番をつけなくてはいけません。

投票するのにとっても時間がかかります・・・

こんな風に「選挙」という同じ言葉でひとくくりにされていますが、「投票したよ」という行為も、どういう風に開票されていくのかも、同じ言葉からイメージされることは国によってかなり異なるのです。

そう考えると、面白い!と思いませんか?

自分の持つ常識を絶対と捉えない

そこから本当の英語の習得、グローバル化が始まるのではないでしょうか?

メルマガでは、海外の常識などをご紹介しながら、英語の勉強だけでなく、その先の視野を広げるヒントをお伝えしています。

ご登録は下記よりどうぞ。

Facebookのページを作りました。よかったらLikeして下さると嬉しいです♪