あなたの英語をイキイキさせるには・・・

 

 

日本人の英語の発音がなかなか伝わらないと言われていることもあり、英語の発音に特化したレッスンをしている教室が沢山ありますね。

母音・子音の発音に始まり、強弱を表すアクセントやイントネーション、単語と単語が引っついて発音されるリエゾンなどなど、発音と一言でいっても色々学ぶことがあると思います。

発音が悪いと、正しい英語を話しても通じないことがあるのも事実です。私も何度も聞き返されて悔しい思いをしたり、落ち込んだことがあります・・・
では、英語の発音さえ良くなれば良いのでしょうか?

実はそうではないんです。

ある発音レッスンを行っている講師の方のウェブサイトを拝見したことがあります。元国際線のフライト・アテンダントだったそうで、キレイな発音を指導していることがウリでした。

そのサイトでは、講師の方が実際に英語で自己紹介している音声がついていました。聞いてみると、さすが元国際線のCAで発音の先生とばかりにキレイな発音で話されていました。

でも、その方が話している内容が全然伝わって来なかったのです。

どうしてだと思いますか?

それは、彼女の英語に全く感情が感じられなかったからです。いくら単語やフレーズを完璧なイントネーションやアクセントで話したとしても、その言葉自体に話し手の感情が入っていなければただのロボット。

日本人の私が分からなかったくらいです。ネイティブが聞いたら理解してもらえないでしょう。

発音よりも、文法よりも、伝えたいという意思が一番大切なんです。その伝えたい意思なしには、どれだけすばらしい発音や文法の知識を詰め込んでも会話として成り立ちません。

英語を音楽から学ぶのが最適な理由の1つとして、あなたの英語に感情という息を吹き込めることがあります。音楽を聴いて涙を流したり、嬉しくなったり、胸が熱くなったり・・・そんな感情を受け取りながら英語で歌うことで、あなたの英語は一気に人間味のあるイキイキしたものになりますよ♪

Facebookではオーストラリアからの様子をご紹介しています。よかったらLikeして下さると嬉しいです♪