全豪オープンのテニスに見る英語習得の秘訣

 

私の住むオーストラリア・メルボルンでは、オーストラリアン・オープン(テニス)が開催されました。

元々スポーツが好きなオーストラリア人なので、オーストラリアン・オープン中もかなり盛り上がります。もう朝から夜までテニス漬けです。

テニスのルールさえ知らなかった私もすっかり魅了され、毎年見ています(笑)

個人戦であり長期戦のテニスは、技術やその日の体調はもちろんのこと、その時瞬間瞬間の精神的な状態も大きく試合に影響しますね。

女性テニスプレイヤーで有名なSerena WilliamsがパースでのHopman Cupで、試合中にコーヒーを注文されたことが話題になりました。

毎朝コーヒーを飲むのに試合の日には時間がなくて飲めなかったそう。調子が出ないと負けていたのに、コーヒーを飲んだ瞬間、形勢は逆転し勝利を収めたそうです。

本当にコーヒーの効果だったのかどうかは別として、同じことに臨むにも、その事に対するあなたの精神力が大きく影響していることを物語っているエピソードだなあと思ってしまいました。

今日コーヒー飲まなかったから調子が出ないわーと思いながら試合をしていたからうまく行かなかった・・・

でもコーヒーを飲んで、「コーヒーも飲んだしこれで大丈夫!」と自分で思えたことで勝てたのです。

これって何に対してもそうじゃないかなあと思うのです。

英語を勉強する時にも「面倒だなあー、でもやらないと」と思って始めると、はやりうまく進まないのではないでしょうか?

折角英語を習得しようと始めるのですから、「よし!今日はどんな新しい発見があるかな~♪」と前向きな気持ちで取り組んだ方が、楽しいし記憶にも残りやすい・・・と思いませんか?

メルマガでは、英語を楽しく前向きな気持ちで取り組めるコツもお伝えしています。

 

Facebookではオーストラリアからの様子をご紹介しています。よかったらLikeして下さると嬉しいです♪