すぐに使える英語を洋楽のタイトルから学ぼう

 

オーストラリアには、オーストラリア・デイという祝日があります。
夜には花火があがり、特等席で見ることもできます。

やっぱり花火は良いですね。
o0800060013200836948
毎年オーストラリア・デイには、視聴者の投票で選ばれるHottest 100
というカウントダウン番組が国営のラジオ局Triple J で行われています。

メジャーな音楽はあまり流さないラジオ局なので、いわゆるポップスは
ランクインされることがありません。そう言う意味では、純粋なTop 100
ではないのですが、オーストラリア人にとっては自分たちの投票が
反映されるので、毎年注目されています。

そのTriple J’s Hottest 100で輝かしい1位を取ったのは

Chet Faker でした。

彼は昨日渋谷のクアトロで一夜限りのライブをすることになっていた
らしく、日本から喜びの声を語っていました。

去年アメリカのスーパーボウルで彼の曲が起用されたことから、
アメリカのレコード会社と契約し、海外での活動を始めている
Chet Faker なのですが、

まさか日本でも既に人気があるとは知りませんでした。調べてみたら
去年フジロックでも演奏していたようです。

彼はブルースを基盤としたエレクトロニカ・ミュージシャンなのですが、
普通のエレクトロニックよりもかなり渋いです。

2年前に業界のアワードで演奏していた彼を見たことがあって、
その時にはピアノの弾き語りを披露してくれ、独特の彼の世界と
抜群の歌唱力に直ぐに飲み込まれたのを覚えています。

その後あちこちで彼の名前を目にするようになり、
彼なら・・・と思っていた矢先でした。

昨日のHotest 100 では10位以内にナント彼の曲が3曲もランクイン。

めでたく1位になった曲は Talk Is Cheap でした。

ミュージックビデオをご紹介しますので、是非聴いてみて下さい。
かなりオススメです!

さて、この Chet Faker の Talk is cheap の意味
は何だと思いますか?

直訳すると、「話は安い」ですね。日本語でいう

言うは易く行うは難し

というところでしょうか。

話ばかりでちっとも行動が伴っていないという意味です。

このChet Faker のタイトルを見ても分かるように、
洋楽には日常会話で使える表現が沢山詰まっています。

文法書を読んでもちっとも英語が話せるようにならないと思っているなら、
洋楽からならすぐに使える英語を学ぶことができますよ。

 

Facebookではオーストラリアからの様子をご紹介しています。よかったらLikeして下さると嬉しいです♪