英語が話せないのは教材が悪い?

 

英語がちっとも上達しないのは、教材が悪いからだ!と思って
新しい本を買い直したり、新しい習得法が出る度に飛びついてみたり

今度こそ、この教材ならきっと!とついつい購入してしまう・・・

そんな英語教材ジプシーになっていませんか?

次々に新しい習得法が出てくるので、なかなか英語が上達しないなあと
悩んでいると、思わず買いたいと思ってしまいますよね。

でも、それではいつまでたっても、教材代がかさ張るばかり・・・

おまけに場所も段々なくなってきますね。

どうせなら、英語だけじゃなく他の本も本棚に並べたいと思いませんか?

結局、英語を習得するのはあなた自身。

いくら良い教材でも悪い教材でも、あなたの学び方次第で
黄金の教材にも、ただの飾りにもなります。

実は・・・

教材が悪いのではなく、あなたの学び方が
悪いだけなのです。

あなたの英語が上達しないのは、

効果的に楽しく学べる方法を
あなたが知らないだけ。

どの教材も同じようなものです。内容の書き方が少し違うだけ。

まるで新興住宅街にずらーっと並び立つ家のように、
全て同じなんです。外装だけでなくきっと内装も・・・

そんなどれも同じような新興住宅街の家を英語では

cookie-cutter houses

と言います。
o0480035213185125898
ずらーっと本屋に並ぶ英語学習本も cookie-cutter booksそのもの。

もう新しい教材に手を出すのは辞めましょう。それよりも、
今持っている教材をしっかりやった方が、効率的ですよ。

英語を効果的に楽しく学べる方法って何だろうと思われたら
まずは無料オリエンテーションにお申込みくださいね。

Facebookではオーストラリアからの様子をご紹介しています。よかったらLikeして下さると嬉しいです♪