ロックのリズムで演歌が歌えますか?

 

英語がなかなか聞き取れない・・・とリスニングで悩んでいる人は
多いですね。

生徒さんに
「英語のスキルの中で一番苦手なのは?」

とお聞きすると、スピーキングとリスニングのどちらにしようか
迷われる方が多いです(笑)

英語が聞き取れないのは、単語を知らないからだと
思われる方が多いですが、実はそれだけではありません。

知っている単語を使っていても、読めば分かるような文章で
話されていても、聞き取れない場合があるんです。

どうしてだと思いますか?

スピードが速いから・・・というのもあるでしょう。

でも、それだけではないんです。

その理由とは・・・まさに英語で歌うなら、英語を母国語とした国で
歌を学びたいと思い、私が留学しようと思った理由なのです。

洋楽を本格的に歌い始めて気がついたこと、それは

英語のリズム

です。

o0729051712988881632
日本語と同じように英語を話そうとしたり、歌おうとしたりすると
どうしても不自然に聞こえてしまう。

どうしてなんだろう・・・メロディーは合っているし、
発音だってちゃんと L とRを区別しているのに・・・

と思っていました。

そして、分かったんです。

洋楽の曲は邦楽とリズムが違うと。

それなのに、邦楽と同じリズムで洋楽を歌おうとしたり
日本語を話す同じリズムで英語を話そうとすると
うまく行かないのは当然ですね。

まるで、ロックのカラオケをバックに演歌を歌おうと
するようなもの(笑)

リズムもテンポも全く合わず、聞きづらいことは
想像できると思います(笑)

この英語のリズムを身につければ、
あなたのスピーキングも
リスニングもグーンと伸びますよ。

 

Facebookではオーストラリアからの様子をご紹介しています。よかったらLikeして下さると嬉しいです♪