一本の電話がコーチングセッションに

 

まだプチ起業中の私は、普段は
エンターテイメント関係の会社で働いています。

なかなかオーストラリア人でも
競争率が激しい業界なのですが、ラッキーにも
入り込むことができました。

今日マネージメントをしているアーティストの
スタッフを確保しようと電話をかけまくっていたら、

あるスタッフ候補のおじさんの話を
20分も聞くことになりました。

以前はバリバリ音楽イベントで働いていた彼。
あちこちから声がかかり、なかなか確保することが
できなかったような人でした。

それがこの2-3年音楽関係の仕事はしていないと
言うのです。

声がかからなくなったため
仕事を探すために大きい会社へ
アプローチしたら、経験が山ほどあるのに
学歴をきかれたそうです。

ちょっとしたコースを受けることを薦められた
こともあったとか。きっと自分なら
コースで教えている講師を知っているくらいだと
愚痴っていました。

音楽業界は元々学歴よりも経験の方が
重視される業界なのです。そのため
私も大学時代、インターンをさせてもらいたくて
何社にも履歴書を送ったのに経験がないので
全くダメだったことがあります。

それなのに、彼は仕事が取れない。
業界が段々小さくなってきていることの
現れなのかなとヒシヒシと感じました。

イベントを助けてもらおうと電話したのに
いつのまにかコーチングセッションに
なっていました(笑)

この人と話して強烈に感じたのは・・・

1つの強みしか持っていないと
それがダメになったら他へ転換するのが
難しくなること。

o0800053212834027039
今ある業界や仕事が、何年後も何十年後も
存在するという保障はないのです。

そのためにも常に現在の市場を見据えて
時代の流れや傾向に沿って
柔軟に動けるしなやかさも
必要だ
ということを

感じさせてくれた20分でした。

オーストラリアの人口は増えていますが、
日本の人口は肩下りに減っていますね。

あなたは10年後も日本だけを市場にして
ビジネスをしていきますか?

それとも英語を習得して
世界で活躍したいですか?

英語をいち早く習得したい方はまずここから始めて見ましょう。

好きな洋楽を聴きながら、自然な英語を身につける10日間講座

無料メール購読お申込はこちら

 

初回30分無料オリエンテーション

英語力チェック・あなたに合う英語習得法の
アドバイスも行います。