定年したら海外で住みたい?

 

日本でも一時かなり話題になりました。

一生懸命定年まで働いて、退職したら
海外でゆっくり優雅に暮らしたい・・・と
願う人たちが

退職後、海外に出発されることが。

その傾向を受けて、国によっては退職者を受け入れる
特別なビザまで用意されました。

お金をたっぷり持ってきて、使ってくれるなら
是非きてほしい!と、貯金をたくさん持っている
退職者は国にとっては欠かせない財入源だったのですね。

ビジネスで知り合った、韓国人のキャリアウーマンの女性も
そんな夢を持っていました。

英語も話せ、グローバルに活躍していた彼女は
退職したら、旅行で行って気に入ったスペインで
旦那さんと暮らしたいという夢を私に語ってくれました。

この夢、とってもステキだと思うのですが、
私は、こう思うのです。

どうしてそんなに好きなら今行かないの?

暮らしたいと思うほど気に入った所があるのなら、
どうして今すぐ移住できるように行動しないのだろうと
不思議でならなかったのです。

時間は無限ではありません。

o0800059812982757247
「退職したら・・・」というのは現実的な夢のように
思えるかもしれません。

でも、あなたが退職する頃は
お金はあるかもしれないけれど

体力は確実に落ちています
もしかしたらどこか体に問題があるかもしれません。

そんなとき、あまりよく知らない国でどんな
医療を受けられるのかご存知ですか?

また今まで生きてきた思い出の場所も友達も
すべてをおいて、

60歳から新たに友達を作ったり
どんな風にコミュニティーがあるのかも
分からない国で最初から生活を始めたり
するほどの気力と体力があると思いますか?

あったとしても、今のあなたよりは
確実に低いでしょう・・・

どうしても住みたいほど憧れている所があるなら
まだエネルギーのある若いうちに、適応能力のあるうちに
移った方が良いことは言うまでもないでしょう。

時間は無限じゃない

だからこそ、お金よりも大事に使わないといけないんですよね。

好きな洋楽を聴きながら、自然な英語を身につける10日間講座

無料メール購読お申込はこちら

 

初回30分無料オリエンテーション

英語力チェック・あなたに合う英語習得法の
アドバイスも行います。