ピアノが弾きたいなら本屋さんへ?

 

あなたがピアノを弾きたい!と思ったら
まず何をするでしょうか?

① 本屋さんへ行って、ピアノが弾ける本を買う

② 楽器屋さんへ行ってピアノを買う

③ ピアノ教室へ通い始める

o0422028013240688707
恐らく①の選択肢を選ぶ人は
いないでしょう。

②を選ぶ人は、やっぱりまずは
ピアノ!と思っているのでしょう。

ゴルフを始めるのにまずは
ゴルフウェア!というのと同じ感じですね。

確かにピアノは指で押すだけの楽器で
習わなくても音を出すことは
できます。

バイオリンやギターのように
まずは持ち方から習わないと
いけない楽器や

サックスのように
音の出し方を理解しないと
いけない楽器と比べて

実は音を出すだけなら
猫でもできるんですよね。

o0800045013240695400
でも、上手に情感込めて
気持ちよく弾きたいと思ったら・・・

なかなかピアノを買っただけでは
うまく行きません。

結局遅かれ早かれ
③のピアノ教室へ行くという
選択肢へ行かざるを得ないと思うのです。

ただ指で押すだけの楽器を
マスターするのにも

レッスンを受けた方が良いのだとしたら・・・

全く構造もどんな弾き方をするのかも
分からない楽器を弾きたいと思ったら

誰かに習いに行くべきなのは
明らかだと思うのです。

実はそれが英語です。

日本語と全く構造も文化も違い
ピアノの鍵盤を押すように

日本語=英語と変換すれば
話せるワケでない楽器。

もっとカンタンに弾けるピアノを弾くのに
「ピアノが弾けるようになる本」
を買ってマスターしようと思う人がいないのに

どうして英語は本を読めば
話せるようになると思っている人が多いのでしょう?

ピアノの鍵盤を見て、どこがドなのか分かっても
ベートーベンを弾けるようにならないのと同じで

英語も、何が現在完了形なのかを分かっても
それを使いこなせるようにはなりません。

じゃあ、どうすればいいの?と思う方は

まず無料の10日間講座から
新しい学び方を知ってください。

 

好きな洋楽を聴きながら、自然な英語を身につける10日間講座

無料メール購読お申込はこちら

 

初回30分無料オリエンテーション

英語力チェック・あなたに合う英語習得法の
アドバイスも行います。