初めてのヨガで気付いたこと

 

今までもカジュアルで時々通っていたのですが
やっぱり行く習慣になっていないから

行こう!と自分の気力をイマイチ
あげれずにいたのです。

だからメンバーになるのも
悪くないかなあと入会してみました。

昨日は生まれて初めてヨガに挑戦しました。
(今さらなのですが・・・)

ピラティスは以前ハマったことがあるのですが
ヨガはどうしても体が固いこともあり
踏み込めなかったんです。

そんな私の不安は的中で
さっそくあぐらをかいてのストレッチから
始まりました・・・

でもピラティスの効果があったのか
初めてのわりにはできてる?という
動きがあったり、

その格好おかしいよと人から昔言われていた
ポーズが実はヨガに入っていたりと

今までの全ての経験がつながった

そんな感覚でした。

o0617041613243382738
汗は一滴もかかないのに
30分を過ぎた頃から
頻繁に時計をチェック・・・

まだ40分しか経ってない!

そんな思いをしながら何とか
一時間のクラスを終了。

楽しかった!とは言えないけれど
普段ならできないくらい自分をプッシュできた

と思いました。

自分の身体と心を一体化し
内面と会話をしながら
限界に挑戦していく・・・

良い意味で『無』の自分になる。

これってとっても大切だと思うのです。

すぐ迷ってしまったり、悩んでしまう
今日あったイヤなことをクヨクヨ考えてしまう

そんな風に迷った時に、『無』になることで
素の自分にソッと戻してくれます。

そうすると、また明日から頑張ろう!

と元気が沸いてくるんですよね。

実はこの『無』の自分は、
歌うことで体感することもできるのです

 

好きな洋楽を聴きながら、自然な英語を身につける10日間講座

無料メール購読お申込はこちら

 

初回30分無料オリエンテーション

英語力チェック・あなたに合う英語習得法の
アドバイスも行います。