英語が出来たらどうなる?

 

留学せずに英語を習得したことが売りコトバとなり
「国産バイリンガル」といわれているのを
時々目にします。

確かに留学せずに英語を話せるようになったことは
とっても、すばらしいことだと思います。

でもそれを謳い文句に英語を教えているのは
どうなのかな?とちょっと疑問に感じていました。

別に英語が話せるようになることに
国産も外国産もない
と思うのです。

それよりも
英語を話せるようになって
自分がどう変わったか・・・

何ができるようになったか・・・

ということの方が、私は大事だと思っています。

 

o0266040013250218943
英語が話せるようになれば、

洋書や英字新聞が読めるようになる
洋画を字幕ナシでみれるようになる
洋楽の意味が分かって歌えるようになる

だけでは、ありません。

意識の向け方もありますが、

考え方や物事の捉え方が変わり
視野が広がります。

日本語のコミュニケーションにも
幅が出てきます。

世界の最新情報がいち早く手に入るので
自分のビジネスや人生に生かせます。

話せる人が増えるので
新しい出会いがあります。
などなど、たくさんの利点があるのです。

そしてそれを伝えられるのは
国産バイリンガルよりも

海外で実際に生活をしたことがあり
働いたことがある海外在住経験者では
ないかなと思うのです。

日本とは違う世界に身をおいて
感じた違いや考え方を、
直接生徒さんへお届けできるのですから。

まるで産地直送の野菜のように
新鮮でピチピチの情報・・・

そんな英語ができたら得られるもの、
考え方の違いも伝えるレッスン
をしています。

 

好きな洋楽を1日1曲聴くだけで

自然な英語が身につく10日間講座

無料メール購読へのお申し込みは→こちら