単語を覚えるときに必要なことは?

 

こんばんは。

洋楽からホンモノの英語力と
視野を広げる

海外直送!伝わる英語コーチの
洋美です。

さて今日は
『英語が書けるのと、聞き取れるのと
どちらの方が使えるのか?』

についてお話ししたいと思います。

あなたは単語を

「書ける」のと「聞き取れる」のと
どちらのスキルの方が使える
と思いますか?

学校で単語テストがあり
一生懸命つづりを覚えてきた 方なら
新しい単語を知ることは
つづりを覚えること だと思っているかもしれませんね。

でも実はそうではないんです。

例えば・・・

思わず欲しくて よく試着せずに買ってしまった
自分のサイズよりも小さい 服と靴があったとします。

このうち 使える可能性のあるものは
どちらだと思いますか?

違い
正解は・・・

言うまでもなく、服ですよね。

服はダイエットするなり お直しするなり
工夫(努力?)すれば 着れないことはないでしょう。

でも小さすぎる靴はどう頑張っても
履くのはムリだと思うのです。

足を縮めることはできませんから・・・

新しい単語を覚えるときも 同じなんです。

聞いて理解することができれば 会話は成り立ちます。

もし、その単語を書きたい!と 思ったら、
How can I spell ○○? と聞けば、
人は教えてくれます。

でも単語のつづりを書くことしか できなかったら、
紙とペンを常に持ち歩いて
書いてみせることしかできないのです。

当然会話としては成り立たないですよね。
書けるだけで読めないし
知っている単語が話されていても
理解できない
のですから・・・

日本語でも使っているけど
漢字で書けない言葉が 沢山あると思います。

薔薇とか醤油とか・・・

薔薇と書けなくても バラと聞いて
何か分かるから 困ることはないですよね。

英単語も書けなくても大丈夫なのです。

私もつづりの知らない単語を使ってよく会話をしています。

「英単語を覚える=つづりを知る」 という
先入観をとると 単語を覚える方法も
変わってきますよ♪

 

つづりを覚えなくても
カンタンに単語を覚える方法を知りたい方は

まず下記の無料講座を読んでみて下さい。

 

好きな洋楽を1日1曲聴くだけで

自然な英語が身につく10日間講座

無料メール購読へのお申し込みは→こちら