海外のバレンタインデーに混雑するお店は?

  先日はバレンタインデーでしたね! あなたは何かステキな 予定はありましたか? 日本でバレンタインデーというと 混雑するお店は チョコレートを 売っているお店ですよね。 では、 海外ではどこだと思いますか? ちょっとかわいい画像を見つけたので、ご紹介します。 バレンタインデーを「旦那の愛を試そう!」の 日に するのは辞めよう。 私たちの結婚生活をお祝いする日にしましょう! という意味ですね。 この文章を読んで、ちょっと感の良い方なら あれ? これって奥さん側からの話だよね? って気づかれたのでは ないでしょうか。 そう、日本では女性が男性に愛を告白する日なのですが、 海外では男性から女性に愛を告白する日なんです。 日本ではデパ...
More

グラミー賞でのTaylor Swiftのインタビューから使える英語

  ゴールデングローブにSAG、そして先週のグラミーとアメリカは 今Award season (大賞の季節)真っただ中です。 イベントの前にはいつもレッドカーペットが敷かれ、 次々に到着するセレブリティ達にインタビューが繰り広げられています。 よく聴かれる質問としては、 着ているのはどこのブランドなのかとか、 つけている宝石をクロースアップで魅せて欲しいとねだられたり・・・ もしくは信じられないくらいバカバカしい質問をされる こともあるようです。 特に女性のセレブリティに対しての扱いがひどい と言われています。 先々週あった、SAG賞でマニキュアや宝石が見えるように ミニカメラに手を入れて欲しいとリクエストを受け...
More

Sam Smithのグラミー受賞スピーチから使える英語

  グラミー賞という表彰式。 きっと皆さんも耳にされたことがあるのではないでしょうか? 2015年のグラミーはヒップホップが少なく、パフォーマンス としては、かなり見応えがあったと思います。 (数年前はヒップホップばかりで、どの曲も Put your hands up! の 歌詞でうんざりしていたので・・・笑) ACDCのパワフルなステージで始まり、 Ed SheeranとJohn Mayer、 Paul MaCartney, Kayne West にRihanna Pharrell Williams とHans Zimmer BeckとChris Martin John Legend とCommon などなど、かなりのコラボがありました。 その他、ソロのパ...
More

「いつか・・・」と5年後も言っていたいですか?

  毎日の忙しさについつい流されて、 いつか!と思っていることを いつも後回しにしていませんか? その「いつか」も放っておくと その内「ただの夢」で終わってしまいます。 5年後、10年後も今と同じように 「いつか!」と思っているかもしれません。 いつかと思うなら、今から叶えませんか? 小さい頃から、歌うことが大好きだった私は 話すより先に歌い始めていました。 だからピアノ教室を近所で見つけた時は すぐに習いたい!と思ったんです。 でも親に反対されて学べなかった・・・ 子供の頃から弾いておかないと 上手になれない・・・そう思った私は 「ピアノが弾けたらなあ・・・」と 弾ける友人をずっと羨ましく思っていました。 ...
More

【初動画】なぜ洋楽から英語が学べるの?

  実は色んな方から動画をすると良いよ♪とアドバイスを いただいていたのですが、なかなかできずにいました。 オーストラリアに音楽留学をして、現地でライブ活動もやっていた と話すと、とっても自信たっぷりに思われがちですが、 実は人前で話すのが大の苦手なんです!! (人前で歌うのは大好きなんですが・・・) ライブでも、曲の間のMCでは毎回何を話そうか前もって 考えていました。それでも思ったように言えず、がっかり した経験は山ほど。 動画も、人前ではないものの、カメラの前だし、それを 沢山の人に見られる・・・というプレッシャーでなかなか 重い腰を上げることができなかったんです。 でも、やっとやっと勇気を出して撮ってみました! 良かったら、是...
More

ロックのリズムで演歌が歌えますか?

  英語がなかなか聞き取れない・・・とリスニングで悩んでいる人は 多いですね。 生徒さんに 「英語のスキルの中で一番苦手なのは?」 とお聞きすると、スピーキングとリスニングのどちらにしようか 迷われる方が多いです(笑) 英語が聞き取れないのは、単語を知らないからだと 思われる方が多いですが、実はそれだけではありません。 知っている単語を使っていても、読めば分かるような文章で 話されていても、聞き取れない場合があるんです。 どうしてだと思いますか? スピードが速いから・・・というのもあるでしょう。 でも、それだけではないんです。 その理由とは・・・まさに英語で歌うなら、英語を母国語とした国で 歌を学びたいと思い、私が留学しよう...
More