国が変われば平均体重も変わる

  先日ブログで 『時には日本での常識にとらわれず 海外や世界全体からの視点で見ると 現実が変わって見えます』 ということを 少し太っただけで ダイエットをしなきゃ! と 思っている方に向けて書いてみました。 ダイエット?と思われた方(笑)は こちらから読んでみて下さいね。 こんばんは、 洋楽からホンモノの英語力と 視野を広げる 海外直送!伝わる英語コーチ の洋美です。 さて肥満大国2位を走っているオーストラリア。 女性の普通の体重は一体どのくらいだと思いますか? ちなみに30代・40代の日本人女性の 平均体重は 51.71kg だそうです。 私がジムに通い始めた頃 実際にあったエピソードです。 マシーンの使い方をパ...
More

英語は○○するものでなく△△するもの

  今日は英語の習得方法について 少しお話ししたいと思います。 私のブログを読んでくださっている方なら、 もしかしたら 気づいていらっしゃるかもしれませんが、 私は「英語を教えている」と書いたことは 一度もありません。 生徒さんの中には、私のことを「先生」と 呼んでくださる方が いらっしゃるのですが 呼ばれるたびに、 ちょっと恥ずかしい感じがします。 もちろん、そう呼んでくださるのは とっても嬉しいのですが・・・(笑) じゃあ、「英語を教えている」のではないなら 何をしているのか? というと・・・ 「英語の使い方を伝えている」のです。 例えば、プロのテニス選手のコーチが選手に向けて ラケットの振り方を1から教えることは しないはずですね。 その代わり...
More

通じる英語じゃなく、伝わる英語が大切なわけ

こんにちは! 洋楽からホンモノの英語力と 視野を広げる 海外直送!伝わる英語コーチの 洋美です。 今日は新しい肩書きにも採用した 『伝わる英語』についてお話ししたいと思います。 英語を話すには度胸! ボディーランゲージを使って とにかく通じれば良い! と言われることがありますね。 確かに話すことができない場合は 自分が欲しいモノや聞きたい情報が 手に入れば良いのですから それで良いと思います。 でもやっぱり度胸とボディーランゲージだけでは 限界があると思うのです。 コーヒーをオーダーしたのに コーラが出てきたり 丁寧に挨拶したつもりだったのに 相手を怒らせてしまったり 欲しいモノがちゃんと手に入らなかったり 誤解を与えてしまったりするのです。 そう、ただ「通じれば良い」英語では 不十分だと言...
More

英語の知識デブになっていませんか?

  語学書から英語を勉強されている方は 現在進行形や現在完了形が 使われるとどんな意味になる・・・ という知識を持っていらっしゃる場合が多いですね。 あなたもそうではありませんか? 現在完了形といえば・・・ 継続 経験 今終わった所 の3つの意味がある!と自信を持って 言える人もいると思います。 でも、それで本当に英語ができる、 英語がわかると言えるのでしょうか? 実はこれは 私が一番最初に英語を教えていたときに 気づかされたことなのです。 中学生の家庭教師をしていたのですが その時の生徒さんは 志望校に合格するかどうか、というよりも 入れる高校があるかどうか・・・ という学力だと始める前に親御さんから 伝えられました。 それなら基礎からしっかりやった方が 良いのかなあと思い、優しい問...
More

英語が出来たらどうなる?

  留学せずに英語を習得したことが売りコトバとなり 「国産バイリンガル」といわれているのを 時々目にします。 確かに留学せずに英語を話せるようになったことは とっても、すばらしいことだと思います。 でもそれを謳い文句に英語を教えているのは どうなのかな?とちょっと疑問に感じていました。 別に英語が話せるようになることに 国産も外国産もないと思うのです。 それよりも 英語を話せるようになって 自分がどう変わったか・・・ 何ができるようになったか・・・ ということの方が、私は大事だと思っています。   英語が話せるようになれば、 洋書や英字新聞が読めるようになる 洋画を字幕ナシでみれるようになる 洋楽の意味が分かって歌えるようになる だけでは、ありません。 意識の向け方もありますが...
More

春=springと覚えただけでは意味がない

  先日、コピーライターの岡田鉄平さんが主催されている スカイプ酒場というイベントに 参加させていただきました。 日本中あちこちの方とお話ができるので、 新しい出会いや色んな発見があるのです。 その中で「春」をテーマに3分間スピーチをしよう! ということになったのです。 2-3分考える時間をいただいた後 みんなが どんなことを話そうとしていたのか 発表していきました。 もちろん全員日本人のイベントでしたが それでも「春」からイメージされることは みんな違っていました。 ある方は、卒業式を 他の方は、入学式を 医療のお仕事をされている方は、 花粉症や体調管理を 挙げていらっしゃいました。 ちなみに私は、 オーストラリアの「春」を 選びました。 あなたなら、「春」について どんな イメージを持っていますか? ...
More